自分の曲を販売

現在のこととこれからの発展の予想

CDデュプリケーターはCDの複製の行える機械のことです。CDデュプリケーターのデュプリケーターの部分は複製機という意味を持っています。自分の作ったCDなどを販売するときなどに使用できます。単純な複製ならばパソコンが使えますが多くの量を作る場合などで非常に役に立ちます。とくにスイッチ一つで行える点やいちいちCDを入れ替える必要がないことなどです。CDデュプリケーターは個人で持つよりも集団によってこそ活かされます。そのため将来的には企業や学校などに標準装備されることが予想されます。CDデュプリケーターの能力もよりいっそう進化することが考えられます。コピーの速度の上昇やよりコンパクトな機種の誕生などです。

CDデュプリケーターの利用に関する注意点

通常のCDデュプリケーターではコピーの防止がなされているCDの複製はできないことに注意が必要です。これらをコピーしようとした場合は法律違反となります。コピーできるものは自作のゲームや音楽のほかにビデオ撮影した動画などです。今までのコピーというイメージでコピーした後は情報が劣化していると思っている人が多いです。ですが、CDデュプリケーターでコピーされるものは情報なので画像や音質の劣化は発生しません。コピーを行うことはあるが頻繁にあるわけではない場合は購入してしまうと持ったいなっ感じてしまいます。そんなときにはCDデュプリケーターのレンタルをおすすめします。一時的にレンタルすることで費用の節約になります。

このエントリーをはてなブックマークに追加