音楽を手軽に聞く

CDデュプリケーターはどうして生まれたのか

楽曲などは、レコード盤に刻まれた溝の凹凸をレコード針が検知して、それを音に変換するというアナログ的な記録方法をとっていました。しかし、コンピューター技術の進展とともに、デジタル技術が発展してきたため、アナログである音声をデジタル化(量子化)して、デジタル記録ができるようになりました。そして、レコードの代わりとしてCDの規格が定められて、音楽CDが販売されるようになりました。そこで、マスターからCDへ大量にコピーする必要が出てきたため、それが出来る機器として、CDデュプリケーターが開発されました。CD自体は音楽関係ばかりでなく、多方面に使用されるようになり、小規模な企業や個人でもCDコピーをすることが一般的になり、安価なCDデュプリケーターも販売されるようになったのでした。

CD単独のドライブはすでに生産されていません

このように便利なCDですが、コンピューター関連の発展とともに、記録できる容量が小さくなってきました。そのため、DVDからブルーレイと大記録容量のディスクが開発されて、いまでは光ドライブの主流になっています。すでにCDドライブは、生産中止になっているため純粋なCDドライブを使ったCDデュプリケーターはなく、現在販売されているものは、ドライブにDVDスーパーマルチなどを使っています。これは、DVDドライブが、CDを下位互換しているからできるわけです。CDデュプリケーターには、価格は高いが業務用でも十分耐えられるハイエンドモデルから個人で使うにはコストパフォーマンスの良い低価格のローエンドモデルまで取り揃えられています。

このエントリーをはてなブックマークに追加